忍者ブログ

薬局実務実習日誌2010 in 原田薬局

「薬局実務実習」においては、第三者評価等によりその実務実習事前学習をはじめとする事前学習が十分に行われていると確認された薬学生が、薬局の社会的役割と責任を理解し、地域医療に参画できるようになるために、保険調剤、医薬品などの供給・管理、情報提供、健康相談、医療機関や地域との関わりについての基本的な知識、技能、態度を修得することを目標としている。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はドーピングやスポーツファーマシストについて勉強しました。

私たちの身の回りにはドーピング防止規定違反になる成分を含んだものって、意外とたくさんあるんです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、世界アンチドーピング機構によって発表されている禁止薬物のリストは全て成分名で書かれています。

実は、ここに大きな落とし穴があります!

例えば、興奮薬として禁止されているエフェドリンやストリキニーネ。
それらの成分が市販薬のパッケージの裏に書いてないからと言って、本当に信用していいんでしょうか?


葛根湯や小青竜湯なんかの漢方薬には麻黄が入っていますが、麻黄には禁止薬物のエフェドリンが含まれています。

また、胃薬なんかに入っている生薬のホミカには禁止薬物のストリキニーネが含まれています。

いずれの場合もパッケージにはエフェドリン、ストリキニーネなんて親切に書いてくれてません。
素人がパッケージを見ただけでは、まず分かりません。

何も知らずに使用して、競技成績の失効や競技資格の剥奪なんてことも十分にあります。

このような禁止薬物をうっかり使わないように、また禁止薬物を使わず上手に健康管理できるよう指導・助言したりするのが、スポーツファーマシストの主な任務です。

現在スポーツファーマシストの資格は、人気急上昇中らしいです。

興味がある方は是非(>_<)
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

最新コメント

[11/19 実習担当薬剤師・田中洋介]
[11/04 なんちゃって薬剤師^^]
[10/23 指導薬剤師]
[10/23 指導薬剤師]
[10/01 指導薬剤師]

バーコード

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 薬局実務実習日誌2010 in 原田薬局 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]